春のウエディングは花いっぱい!個性的に仕上げるには?

球根花はさまざまな演出に使える

巡り来る四季の訪れを人は着るものや食べるもの、あるいは陽の入りや影の長さなどからも感じています。中でも春というのは特別な季節でうららかな陽気に満開の花など、幸せな香りを運ぶ季節なので喜びに満ちていて結婚式にも相応しい季節といえるでしょう。また、春は花盛りですから、花いっぱいの演出のウエディングがいいですよ。例えば、ヒョウガミズキに球根のついたままのチューリップの入った袋を吊るしてみましょう。エスコートカードを付けての演出にも使えますし、メッセージカードを添えてゲストへのプチギフトとして式後は持ち帰ってもらうこともできますよ。同じくヒヤシンスやムスカリなどの球根花をそれぞれグルーピングして、皮紐でまとめたナチュラルなスワッグをエントランスや会場に吊るしても素敵ですよ。根付きの球根花は持ち帰って植えて楽しんでもらえるので、咲いた花をSNSにアップするなどして式の思い出を増やすことができるでしょう。

早春の季節の流れをイメージしながら

多くの花が出回る季節だからこそ、スプリングウエディングでは、ちょっと珍しいブーケにもトライしてみたいですよね。例えば、葉が落ちてドライいなったスマイラックスをブロンズネットに通して、楕円に形づくられたブーケアシストに春の小花をミックスしたものなら、ナチュラルな雰囲気のブーケアシストにより、自然に咲いているかのように花の表情を引き立ててくれるでしょう。花はパンジーやラナンキュラス、リューココリーネ、ミモザなどを使っていきます。また、冬の濃いグリーンの木々の花の間から瑞々しい春の新緑が溢れてくるイメージで作るゲスト用のミニブーケもいいでしょう。

長崎の結婚式場は、土地柄海外様式を取り入れたケースが多々あります。海外の気品を感じながら思い出を紡ぐことができます。