会場の壮大さに負けないように

ウエディングドレスは晴れの日の舞台となる会場で映えるドレスが異なってきますよ。例えば、天井が高くて凝ったインテリアの多いホテルウエディングは会場に負けない存在感と装飾をマイナスしたシンプルなデザインが写真映えのポイントになるでしょう。ストレートカットのビスチェにタックを寄せたスカートから覗くふわふわのチュールがオシャレなドレスなら上品よく映り、会場の光にチュールが透けて美しいですよ。

ボリュームと華やかさを

会場内を移動することが多いゲストハウスウエディングは、映える華やかさとボリューム感を意識するといいでしょう。ボリュームのあるAラインのシルエットにも関わらずタフタとチュールという異素材を組み合わせたデザインは洗練されたイメージに映えますよ。

動きやすさと繊細の美を

ゲストとの距離が近いレストランウエディングは広がりすぎず動きやすいラインと共にディテールや素材が上質なものを選ぶといいでしょう。落ち感がキレイなジョーゼットのスカートにビジュー付きのレーストップスはロングスリーブの袖口にコサージュを飾って、手元にも華やかさをプラスします。繊細な美しさが光るドレスはレストラン会場にピッタリでしょう。

透明感を軽やかさに変えて

リゾートウエディングでは自然光に映えるかどうかを一つのポイントにして選んでいきましょう。ロングスリーブをリゾートウエディングで着るのなら、透け感のある一着を選んでいきます。透け感がキレイなチュールトップスに施されたビジュー刺繍は顔回りに華やかさを添えてくれるでしょう。ヴェールとトレーンを短くすることでナチュラルな雰囲気になりますよ。

ウエディングドレスはブランドによって、デザインや印象などが違うため、自分に似合う形状や演出したい雰囲気を考えた上で、ウエディングドレスのブランドを決めることが大切です。